電子黒板のニーズ分析

シェアする

分析

電子黒板の必要とされる場面

電子黒板は、企業でも活用されている。一番の用途は会議システムである。これは、多くの会社が出張費削減とコミュニケーション活性化を目的に導入している。

会議システムは大きくわけて、テレビ会議システムとWEB会議システムに分けられる。

テレビ会議システムとWEB会議システムを比較すると、一番の大きな違いは、コストと必要とされる設備の違いだ。

電子黒板は、どちらでも使用可能であるが、会議で必須のバーチャルなホワイトボードを共有できるという概念を新しく導入できるところがポイントになる。

電子黒板が、企業で必要とされる場面は間違いなく、会議システムの時である。

遠隔地で1つのホワイトボードのように、電子黒板同士が連携しながら、書きあうことができる。このようなシステムが今は実現していることを忘れてはならない。

導入するには高価というイメージがあるかもしれないが、WEB会議は専用回線を使うことなく、安価に設置も可能である。ぜひとも検討したい活用法の一つである。

義務教育での活用

小中学校の義務教育現場にタブレット端末や電子黒板が導入されることを、先生や生徒は実際にはどう感じているのでしょうか?多くの先生は、教育のICT化に肯定的な意見を持っている人がほとんどでしょう。

電子黒板を使用することで、授業の事前準備は格段に減ると言われており、先生の負担は軽減されます。またその日に勉強した内容を全てパソコン内に保存することができるので、次の日の復習もしやすいですし、先生自身も子供たちにどのように教えたかを忘れることなく把握できるでしょう。先生への負担が減りますが、授業のわかりやすさは高まると言われており、効率よく授業を進めていくことができます。ゆとり教育が撤廃された今、授業時間は明らかに不足していると言われています。タブレットや電子黒板を使用する教育のICT化を促進していくことによって、授業スピードが格段に速まり、効率の授業で、生徒たちの理解力も高まることでしょう。またタブレット使用すれば生徒たちのやる気もアップします。

スポンサーリンク