電子黒板はホワイトボードとしても使える!共有機能が大きな違い

電子黒板の使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

電子黒板は、ホワイトボード機能もある

企業によっては電子黒板とホワイドボードの両方を用意しているということもあるでしょうが、電子黒板であれば、電源を入れるだけで一般的なホワイトボードと同じ使い方も可能になっています。

電子黒板用の電子ペンを使って、普通に文字を書くことも可能になっているのでとても便利です。

企業の会議では、用意した資料の紹介や説明だけではなく、一般的なホワイトボードとして使用した方がわかりやすく説明できる内容もあります。

そんなときには普通に電子ペンで文字をかけなければ意味がありません。しかも面倒な設定はいらず、ただ普通に書くだけでよいのです。

そのため、近年の電子黒板は、子供でも簡単に使えるぐらい簡単なので、パソコンが苦手、機械類を使うのが苦手という人であっても簡単に使いこなすことができます。

電子黒板とホワイトボードとの違い

電子黒板とホワイトボードはほとんど違いがないのでは?と思っている人もいますが、これは間違いです。

  • 書き込んだものを保存できる
  • 写真や動画上に書きこめる
  • 遠隔地と共有してデータを書きこめる

など、ホワイトボードより、より「共有」「保存」などの機能が強いのです。

ホワイトボードはその場でしか利用できないことが多いのですが、データの共有という視点では、電子黒板とホワイトボードとの大きな違いです。

電子黒板の使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
broadcastをフォローする
スポンサーリンク
電子黒板|エファタ(株)
タイトルとURLをコピーしました