企業の電子黒板の使い方!遠隔会議、テレビ会議が効果的

シェアする

Businessman working in the office

電子黒板は教育現場にとってメリットが大きいと言われていますが、電子黒板は法人での導入が急激に進んでいます。

利用シーン

ビジネスシーンを中心として色々な場面で利用することができると言われています。その中でも使用される頻度が高いのは、会議や研修、商品レビューを中心としています。

活用方法

  • 新人研修、セミナー
  • テレビ会議
  • 遠隔会議
  • プレゼンテーション
  • 商品レビュー(遠隔会議)

などで電子黒板を活用、応用するとより効果的な意見効果を行うことができるでしょう。

最近は、iphoneやipadの画面をホワイトボードに投影して、黒板にそのうえから書き込むという至ってシンプルな活用法も利用されています。これは、appleTVという1万円でできる仕組みを購入するだけで、電子黒板のような利用もできるので参考にするとよいでしょう。

【参考記事】電子黒板とタブレット連携(iPad,iPhone,Android)の活用術

企業(法人)での会議に大活躍のインタラクティブホワイトボード

企業(法人)が活動していく中で、その企業で働く人同士のコミュニケーションは非常に大切です。特に会議やミーティングなどを営業の現場や部署ごとに行うことは、仕事の効率化を図るためにも必要不可欠です。そこで会議やミーティングをより効率的に行うために、最近ではインタラクティブホワイトボードを使用する企業(法人)が増えてきているのです。

インタラクティブホワイトボードは、パソコンの画面を表示できるタッチセンサーを搭載したディスプレイのことを言います。従来では会議やミーティングの時は、パソコンにプロジェクターをつなげて行う企業(法人)が多いと思いますが、この場合画面とパソコンの両方を見なければなりませんし、画面も光が当たってしまうと見えにくいなどのデメリットが数多く存在していました。

しかしインタラクティブホワイトボードであれば、ディスプレイに直接手書きで書き込みをすることができますし、ディスプレイに映し出した内容をそのままデータとして保存することもできるのでその後、プリンターで印刷して従業員に渡すことも可能なのです。

遠隔会議での使用も可能なインタラクティブホワイトボード

企業においても、会議やミーティングなどで電子黒板を使用するケースが増えてきているのです。会議や打ち合わせは限られた短い時間でいかに効率よく行うかが重要になってきます。そこでホワイトボードにわざわざ板書するのは時間のムダでしょう。またプロジェクターとパソコンを使っての操作も面倒に感じたりするでしょう。

そこで企業(法人)では電子黒板を使用することによって、映す、書く、共有するという3つのことを1つで行うことができるのです。パソコンやタブレット端末などの画面を鮮明にディスプレイ上に映し出すことができ、ディスプレイに直接手書きで書き込みが可能になっています。またディスプレイに写し出された内容は、離れた拠点にいる機器同士でも共有することが可能になっていますので、遠隔会議などの場合にも非常にメリットが大きいでしょう。

バーチャルなホワイトボードを共有して書き込むということが行われているのです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク