電子黒板が多く使われている教育現場

シェアする

日本の電子黒板シェア状況

日本はまだ電子黒板のシェアがかなり低くなっている状況なのですが、全く使用されていない訳ではなく、現在でも使用されている教育現場がいくつか存在しています。

では、どのような教育現場で電子黒板が使用されているのかというと、私立学校や学習塾などが一般的なのですが、公立学校ではまだ全くと言ってよいほど使用されていません。

現在でも大半の学校では一般的なチョークを使用している黒板ですし、国立の学校でも同様に電子黒板は全く使用されていないのが現状です。私立高校とはいっても、電子黒板を使用している学校はかなり少なくなっています。

今後の電子黒板の拡大に期待

塾ではどのようになっているのかというと、進学塾などでは急速に使用されてきています.

一般的な学習塾では使用されはじめ、利用を検討するの話も増えております。

現在日本で利用されている電子黒板のシェアは、僅か5.7パーセントほどですが、私立校から始まり、公立校にも拡大して、今後急速に電子黒板のシェアが上がると予測されております。

佐賀県は昨年一気に電子黒板が普及して経緯があります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク