小中学校の各教科ごとの電子黒板活用事例

シェアする

文部科学省より委託された電子黒板普及推進に資する調査研究事業の成果として、1年間を通して実施された数々の授業の中から、電子黒板の有効活用を考える参考となる選りすぐりの事例をご紹介いたします。

【国語】

仙台市立 松陵西小学校(柳沼 伸明 先生)

電子黒板上で児童が実際に書いた字を操作できるので説得力が増しました。児童は自分たちの字が映し出されるので、意欲も集中力も増したようです。大きな画面に多くの児童の字を一斉に映し出せるので、一斉指導による理解度を深めることにも役立ちました。さらに、従来の板書よりも説明の時間を短縮できた分、児童の活動時間を増やすことができたと実感しています。

つくば市立 吾妻中学校(半田 雅代 先生)

これまで行書の特徴である筆の使い方を生徒に教えることに苦労してきましたが、電子黒板なら手元で行う微細な作業を大画面で提示することができるので、生徒たちは共通認識できました。また行書の筆使いのポイントを電子黒板に書き込むことができるので、指示内容が視覚的に伝わり、授業効率がアップしました。

岩出市立 上岩出小学校(柏木 香三 先生)

デジカメ撮影で、授業に必要な資料を一瞬で教材化できるのがメリットです。児童の机上にある教科書と同じものを電子黒板に表せるので、つまづいている児童にとって視覚的に理解しやすくなり、学級全体へ高い共通理解をもたらすことができました。

富谷町立 成田東小学校(鈴木 護 先生)

これまでは学習プリントを自作して、教師はその拡大版を黒板に貼るなどしながら、また、マス目短冊黒板を複数用意して、そこに書き込んでおいたりして授業を進めていました。労力の割に児童の関心を集めることが難しかったのですが、電子黒板を使うことで従来の悩みが払拭されました。

柏市立 土南部小学校(西田 光昭 先生)

手書きのワークシートをそのまま使うことができたので、発表用に書き直す手間が省けました。
漢字をコンテンツから提示し、その組み立てを書き込みながら確認したことで、文字の組み立ての分け方が生徒にも理解しやすかったようで、意欲的に発表に参加してくれました。

つくば市立 吾妻中学校(綿引 良文 先生)

電子黒板に作文を投影したことで、どの部分を取り上げたのかがとらえやすくなり、生徒の理解を深められたと感じています。また、2枚を比較することで、説明する生徒、説明を聞く生徒のやりとりが可能となりました。説明する生徒の意欲も高まり、表現力を伸ばすこともできました。

【社会科】

白石市立 南中学校(石田 康之 先生)

画像を拡大表示して注目させたい部分を生徒に意識させることができました。関連づけたい事項を電子黒板に直接書き込むことができて、授業のまとめで再提示することで、振り返りによる定着を図ることができました。

【算数・数学】

米沢市立 第七中学校(宮川 久史 先生)

教科書ソフトだけでは、全体を表示できませんでしたが、電子黒板なら適切に大きくできるので、生徒の反応も良くなりました。

つくば市立 吾妻小学校(中村 政男 先生)

直線を引いている実際の映像を見せることにより、児童が興味、関心をもって学習に臨むことができました。映像を繰り返し見せることができるので、直線を引く手順の定着を図ることもできました。従来の板書型授業より教師の労力も減りました。

【理科】

岩出市立 上岩出小学校(上 太一 先生)

画面いっぱいに大きく映し出すことで高い共通理解が得られました。この単元末テストでのオス・メス判別の設問は正答率100%という実績が出ました。電子黒板に動画や書き込みを直感的に行うことで授業に盛り上がりができた結果、児童にも確かな理解と定着を生むことができたと実感しています。

【音楽】

つくば市立 吾妻中学校(加藤 麻智 先生)

各グループがまとめたものを電子黒板に投影し、注意して聞いてもらいたい所や強調したい所などの「見る・聴く」観点を書き込んだり、線を引いたりしながら発表を行ったのですが、電子黒板を活用して、聞いている側にどこを「見るか・聴くか」の観点をはっきり示すことによって、集中して聞くことができ、相互評価にも活かすことができました。

【美術】

柏市立 豊四季中学校(荒井 康郎 先生)

プロジェクターでは写真の色合いがどうしても白っぽくなってしまうので、せっかくの作品をクラスの生徒に提示するときに作品の雰囲気が伝わりませんでした。しかし、電子黒板なら色合いがとてもよく出て、作品の一部を拡大してみせることもできるので、作品の解説がしやすく、生徒にも分かりやすかったようです。

【技術・家庭科】

宝塚市立 売布小学校(林 理香 先生)

電子黒板上に書き込む発表は、最初は躊躇する児童が多かったのですが、1人2人と発表が進むと、手を挙げる子が増えて、「気づき」が全員に共有されたようです。”

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク