手書きソフトの導入は必須

シェアする

電子黒板を使う時には必ず導入するべきソフトがあるのですが、それは直接電子黒板に手書きができるソフトです。手書きができなければ電子黒板とは呼べませんし、特に学校や塾で勉強を教える際には、手書きができなければ一般的な黒板よりも効率が悪くなってしまう場合もあります。
そこで電子黒板には無くてはならない手書きソフトについて紹介しますが、手書きソフトを導入すれば、大型で据え置き型の電子黒板に色々な書き込みができるだけではなく、現在ではパソコンやアイポッドなど多数のタブレット端末に書き込みができるソフトとして広く利用されています。
ソフトは気軽にダウンロードして使用することができるお試し版のような無料のソフトもありますし、製品として販売されている有料のソフトもあります。しかし、実際に学校や塾で生徒に勉強を教えるのであれば、やはり性能がよい有料のソフトを利用するべきでしょう。
購入する時には対応しているOSやその他仕様をしっかりと確認しておかないと、購入しても動作しないというトラブルが発生する場合もあります。

電子黒板は、標準で「手書きソフト」がついております。単に電子黒板だけ購入するのではなく、ソフトもついているところがポイントです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク