世界トップシェアを占める電子黒板

シェアする

シェアトップの電子黒板の秘訣・理由

数多くの電子黒板が出回っている中で、世界でもトップクラスのシェアを占めている電子黒板が存在しています。これらの電子黒板が、世界トップクラスのシェアを占めるまでになった理由は何なのでしょうか。

シェアトップの理由は大きく分けて3つです。

  • 操作性
  • 耐久性
  • 機能

実際に学校で使用されている黒板と同じように使いやすい為、あまり電子黒板に慣れていない人でも簡単に使いこなせる事。

製品自体が丈夫で長持ちする事。

画面を大勢で同時に書き込める事。アンドロイド・マッキントッシュなど様々なOSに対応している事

などが主な理由でしょう。

電子黒板は種類によって慣れていないと使いにくい事もあるのですが、昔ながらの黒板と同じように使用できるのは教師にとってうれしい事です。

電子黒板にはプロジェクタータイプとテレビ型がある

しかし、現在、世界シェアが高い電子黒板はプロジェクター型が多いのも事実です。プロジェクター型の課題として、光が眼に入る、ランプ効果などのメンテナンスが大変、手で書くときにプロジェクターの光を手でふさいでしまい影ができ、文字が読めない。文字が手で隠れてしまうなどの問題がでるようになってきました。

一方、LEDをバックライトに使ったテレビ型電子黒板の登場によって、電子黒板市場にも変化がうまれてきました。

電子黒板は色々な場所に移動して使う事が多いので、セッティングが素早く行える必要があります。

テレビ型(PCインサイドタイプ)は、電子黒板の全ての機能がオールインワンで入っているために、テレビスタンドで運べばすぐに電子黒板としての使用が可能になります。

さらに、テレビ型の課題として言われていた

  • 大型化ができない
  • コストが高い

等がありましたが、近年、一気にLED液晶パネルの大型化、低コスト化が進み、これらの課題が解消しつつあります。
それよりは、プロジェクターが苦手としている部分を一気解消できる利点に目が向き始め、シェアの構成が大きく変わってきています。

つまり、LED電子黒板がもつ、高輝度、高精細などは、その課題を解消するには十分の機能だといえます。
まさに、今はプロジェクター型からテレビ型へ大きくシフトし、世界のシェア構成も大きく変わる可能性を持っているのです。

スポンサーリンク