電子黒板を普及させるためには、ICT支援員が大切

シェアする

電子黒板やタブレットが配布される時に、使いこなせるのか?といった疑問が出されています。この問題をどうやって各学校は解決しているのでしょうか?

ICT支援員が普及のカギを握る

電子黒板やタブレットを教育現場に導入する場合、きちんと生徒1人1人が、理解できるような体勢を整えなければなりません。そのために、児童一人一人の理解度を上げるために、ICT支援員と呼ばれる人を配置している場合が多いです。このICT支援員は、デジタル環境下での教育をスムーズに行うための、授業のサポート的な役割をはたしてくれるのです。生徒のうちの1人でもタブレットや電子黒板の使用が理解できていないと、授業として進めることができません。

子供たちは自分で使っている間に操作を覚える場合が多いですが、わからない子にはきちんと説明してあげなければならないでしょう。教育の電子黒板やタブレットを使用することで、今までのアナログの授業よりも、学習意欲がアップすると言われています。また効率よく授業を進めることができるので、学校教育現場でのICT化が定着しつつあります。

様々な工夫と体制を整えて、学校の教育現場も変わっていきます。情報の共有化としては、電子黒板やタブレット非常に便利でこれからの時代には欠かせないツールとなるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク