黒板を使用するメリットとは?

シェアする

電子黒板と黒板との比較で3つのメリット

電子黒板は普通の黒板と比較するととても便利だということがわかります。私の学校でも電子黒板は使われていますが、とても便利です。長所は大きく分けて三つあります。

  • 一つ目は、電子黒板が光っているので生徒が見にくいといったことがありません。本来の黒板だと、光が反射して良く見えないといった問題が良くありました。しかし黒板自体が光を発しているなら光の反射で見えなくなることはありません。
  • 二つ目はどこも汚さなくて済むことです。黒板でチョークを使うと黒板の下の床に粉がたまり、指も汚くなるのでどうしても汚れてしまいます。黒板消しも外ではたくか専用の機械できれいにしないといけないので大変です。でも電子黒板はただ触れるだけで文字を書くことができるので汚さなくて済むし、専用の道具などもいりません。種類によっては指一本だけで操作できてしまいます。
  • 三つ目は先生が黒板にいちいち文字を書かなくてもよいことです。授業の前に授業の内容をタイプしておけば、授業中に黒板に書く時間もなくなり、時間を有効活用できます。また、先生の字が汚くても、電子黒板ならきれいな字で生徒に授業を教えることができます。黒い黒板よりも電子黒板の方がメリットはたくさんあります。授業をよりよくするにはまず黒板を変えるべきです

黒板のメリット

電子黒板が登場する前は、黒板を使っての授業が当たり前でした。最近では電子黒板の登場により、その存在意義が問われていますが、今も昔も変わらず黒板は、子供たちの教育現場では欠かせない存在になっているのです。

  • 電子黒板と黒板を比較した時に、黒板を使用するメリットはどんなことが考えられるでしょうか?まず黒板は電子黒板に比べてみる面が広いです。電子黒板の2.5~3倍の大きさはありますので、見やすさは抜群です。板書するスペースも十分に確保されていますので、板書計画を行いやすいでしょう。
  • 2つ目に、使用する時に準備は不要になるので、簡単に書くことが可能です。電子黒板の場合には、コンピューターを起動させなければならないなどの準備が必要になることが多いでしょう。
  • 3つ目のメリットとして、書きながら説明することで、教育効果を高めることができるという点です。教員が黒板に書くときは、一気に書くことができません。そのため説明しながら板書をしますが、このスピードが生徒の理解力の速さに近いと言われているので、学習効果が高いと言われているのです。
スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク