電子黒板やタブレットは算数や理科の授業で多く活用されている

シェアする

電子黒板やタブレットが授業でも活用されるようになり、授業が効率よくなったという報告が多く聞かれています。

電子黒板で使われているのが数学

特に小学校では、算数で電子黒板やタブレットを使用した授業が目立っています。教育現場でも使用されている電子黒板ですが、教育現場では国語や数学、理科や社会など色々な教科が存在しています。そんな数多くある教科の中で、最も多く電子黒板が活用されている教科が数学です。
なぜ数学に最も多く電子黒板が活用されているのかというと、数学は図形をよく用いた問題を出しているので、三角形の面積を求めるという問題を出す時や、解き方の解説をする時には、拡大する事ができる電子黒板はとても重宝されています。

算数では教科書に表やグラフなどがたくさん記載されていますので、それらの表を拡大して見やすくするツールとしても役立ちますし、円や台形などを正確に記入することができる点も、普通の黒板よりも優れていると言えるでしょう。

言葉で説明しにくい部分は電子黒板の特分野

数学の場合には言葉だけでは説明するのが難しい部分もたくさんありますし、面積を求める問題だけではなく、文章問題を解説する時にも図形や物を用いて説明することがよくあるのですが、そんな時にも電子黒板を使用することで、一般的な黒板よりもわかりやすい説明が可能になります。
数学の解説では、図形の一部を指してこの部分と説明する場合もあるのですが、電子黒板で拡大すればより一層わかりやすくなることは言うまでもありません。このような説明方法は理科でもよく使われるので、理科の授業でも電子黒板はよく活用されています。

理科での活用法

また中学校では理科の授業での活用が目立つそうです。特に理科の実験などの動画を電子黒板で写すこともできますので、より興味深い授業内容になるでしょう。またタブレット端末に関しては、生徒それぞれに配布することで楽しみながら授業に参加することができますし、こちらも算数や理科の授業で多いに活用されているでしょう。資料を提示することで視線を集中させるだけでなく、書き込みながら説明出来たり、画面操作によって説明をできたりすることで授業の効率は格段によくなるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク