子供向けタブレット教材としてポケモンが人気

シェアする

総務省や文部科学省では、2020年までに21世紀にふさわしい学校の教育の実現を目標としており、授業にパソコンや電子黒板、タブレット端末などを活用していくICT教育がさかんに行われるようになってきています。今の子供たちはデジタルネイティブと呼ばれており、生まれた時から、パソコンや携帯などコンピューターが身近にある生活をしています。親世代と違い、パソコンやタブレットなども一家に一台あるのが普通の状態になっているので、それらを教育現場で活用することにも何ら違和感を覚えないでしょう。小中学校の義務教育課程において、電子黒板やタブレット端末が導入していますが、それ以前の未就園児や幼児を対象として、タブレットも登場してきているのです。特に小さい幼児たちに人気の教材ソフトといえば、ポケモンです。このポケモンの教材ソフトは、日本全国の学校の約半数が導入しているというほど、人気の学習支援用アプリになります。学習トレーニングを進めていき、クリアするとポケモンのバッジをゲットできる仕組みになっており、子供の意欲を欠き立たせやる気をアップさせてくれるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク