学習塾業界で普及!電子黒板とタブレット連携授業

シェアする

勉強をする中学生

日本一レベルの高い授業をどこでも受けることができる

急速に多くの学校での導入が広がっている電子黒板ですが、タブレット連携の利便性は何も一般の学校だけが享受している分けではありません。実は日本には多く存在する学習塾や専門学校、外国語学校も積極的に導入しているところは多いのです。

電子黒板の導入について一般学校の場合は教諭の授業効率化と生徒の学習意欲を向上させることを目的としていますが、学習塾の場合はもう1つの使い方を実践しています。それは授業に遠隔で授業を結んだ活用方法と、在宅学習と塾とのタブレット連携です。

つまり、都合で塾に来られない時でも電子黒板とタブレットが連携していることによって、どこでも塾に参加できると言う仕組みを多くの塾では導入スタートしているのです。その多くは学習塾が独自に構築したオンライン塾システムにログインすることでネットに通じる形となっています。

この仕組みは学習塾にとっても多くの学生に教えられるメリットがあり、経営基盤を安定させるための非常に有効な方法だと言えるわけです。

急速な教育ICTの推進化

頻繁に耳にするようになった教育ICTと言う概念ですが、理解が深まって来たと共にこれを実践できる機器に関しても各社かなりラインナップが充実してきました。これは逆に言いますと、塾の教師が使いこなせないと今後の授業が一層やり難くなることも意味しています。

塾も少子化の流れを受けて、タブレットの導入と電子黒板の導入により差別化をはかっております。塾に特徴をつけないと学生が集まらなくなりだしたのです。

学生の生活リズムも多様化しているため、在宅でも受けられる、東京の授業を大阪や地方でも受けられるといったインフラ整備を各学習塾が取り組んでおり、インフラ活用が今後の学習塾の成長を左右するともいえるでしょう。

電子黒板は単に購入するだけでは宝のもち腐れになってしまいます。ソリューション提供が非常に重要になります。

導入事例(都内最大の外国語学校への導入事例)

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク