電子黒板の導入学校事例-埼玉県小学校-数学に画像活用

シェアする

数字と画像

算数の授業で効果

埼玉県の小学校では、比較的小さめの電子黒板がすべての教室で配備されています。また、校内LANも学校内のほとんどの教室や職員室を含めて張り巡らされているので電子黒板を徹底活用着る環境が整っていると言えるでしょう。

特に算数の授業では非常に重宝して生徒の学習に役立てられているようでして、低学年でも数字の世界に親しめるような画像を使った授業が頻繁に行われています。

特に算数では知能育成にもこだわった遊び感覚で行える学習方式を取り入れていて、特定の生徒が数遊びを電子黒板上で直接行って他の生徒に見せるなどの工夫をすることが出来ます。

また、各班に分かれて答えを導き出して、それを電子黒板の画面上で答えを比較して違いを見ることが出来るなど方法論の違いに気付くことも出来るでしょう。特に算数は苦手な方も多いことから、見やすい図などを大いに活用して勉強への興味を沸かせることに大いに力を発揮してくれているのです。

如何にソフトを使いこなすが良い教育のカギ!

最近は子供でもデジタル機器を当たり前に使う時代でして、特にタブレット機器は急速な普及を見せています。教育現場であってもデジタルメディアを使った授業が次第にメインになりつつある環境の中では、やはり機器を充実させることに大きな目標を敷いています。

これが今で言う教育ICTにおける現実的な姿と言えますが、本来この教育ICTをより良い形で発展させていくには機器の中に入っているソフトを如何に生かしていくかと言う事を考えるべきです。つまり、中に入っているソフトをその学校の教育現場の実情に照らしわせて活用して行く努力を教師陣が行わなければ電子黒板が単にデジタルの黒板に終わってしまう分けです。

そのため、電子黒板などの教育ICTの導入前には導入によってどのような活用方法が出来るかをより多くパターン化しておくことが求められるでしょう。どんなに優秀な機能を持った機器でも機能を変えることは不可能です。導入側の使い方次第で教育内容は良くも悪くもなります。

上記のように数学でどのように電子黒板を使うかは、先生方の工夫するポイントだといえるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク