教育現場における電子黒板やタブレット端末の活躍が目覚ましいです。情報通信技術ICT化が進んでいる教育方法は多くの人から関心を持たれているのです。政府としても教育機関でのICT化に力を入れており、2020年までには、全国にある小中学校に1教室1台の電子黒板と、1人に1台のタブレット端末の整備を行うということを目標に掲げているのです。また義務教育の小、中学校だけではなく、高等学校での教育でも、能動的な学習ができる電子黒板やタブレット端末の理由は積極的に行われてきています。普段の生活から子供たちも、タブレットやパソコンに触れる機会が多いので、授業にいきなり取り入れたとしても抵抗感がある子供は少ないと言われています。また80%もの先生が、ICT化による新しい教育に期待をしているという実態もあります。タブレットを使用すると、今まで先生の話をただ聞いていただけの生徒が、自ら授業に積極的に参加できるようになると言われています。またタブレットの使用方法をマスターすることで、社会に出てからもその能力は生かすことができるでしょう。