ペンや素手でタッチできるタブレット端末と連携して学習の効率と上げてくれるのが電子黒板でして、多くの教育の現場では子供の学習意欲を高めてくれる大きな武器として期待されています。しかし、この電子黒板は大まかな耐用年数はどれくらいになるとされているのでしょう?

通常の電子黒板ですと5年ほどとされています。しかし、これは財務上の耐用年数にかなり近いので実際は使い方次第では10年ほどに伸びるとされます。それでも、使用されるOSは5年も経てばサポートされなくなる傾向もあって、5年から10年以内には順次新しい物に交換して行かないと操作上の不具合が多くなる分けです。

ただし、今後の児童数は明らかに減少していく分けですし、無計画な電子黒板の導入は教育機関の財政状況を圧迫しかねない状況となって行くでしょう。公立学校ならまだ良いですが、学費の高めなことの多い私立学校になりますとこの点を考慮しておくことは大変重要なことになります。