電子黒板のようにモニターを閲覧する場合には、遠くから見ると明るい場所では見にくくなることがよくあります。そのため、校内放送でテレビを使用する場合には、教室をある程度暗くして閲覧していた記憶があるという人もいるでしょう。しかし、現在の電子黒板であれば、教室を暗くする必要なく快適に閲覧できるのです。
なぜ明るい教室でも快適に閲覧できるのかというと、1つ目は高輝度液晶ディスプレイを使用していること、2つ目はアンチグレアフィルムを用いていることが挙げられます。高輝度液晶ディスプレイによって遠くまで映像が見やすくなり、アンチグレアフィルムによって光を適度に抑えることができるようになるのです。
現在の電子黒板は、このようにどんどん快適に使用できるようになっているので、教育の現場でも積極的に取り入れていますし、学校だけではなく宿などでも最近はよく見かけるようになりました。学校教育向けの電子黒板も販売されているので、今後はどんどん普及していくでしょう。