電子黒板は視覚効果と双方向性が期待できる

シェアする

電子黒板の導入は、生徒に悪影響を及ぼすのではと懸念する声も聞こえてきましたが、生徒たちの反応が想像以上によく、集中力アップにつながるツールとして電子黒板は期待されています。電子黒板を導入するメリットは、生徒たちが授業に集中できるという点だけではありません。メリットとして視覚効果と双方向性があるでしょう。従来の黒板からは情報は発信されることはありませんが、電子黒板の場合には、莫大な情報を持っているので、その情報を生徒たちに共有することができるでしょう。生徒の視線をボード上に集めて、説明することで生徒たちの理解力も高まると言われています。また教材の再利用にもつながります。教材は一度作成しておけば、その教材をほかのクラスや、別の学年などにも使いまわすことができます。また先生同士が研修などに使うこともできるので、資料改善にもつながるでしょう。情報のノウハウを共有することによって、洗練された授業に近づくでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク