電子黒板の授業準備が重要

授業は、教材の準備が重要です。よって、授業を効率化するためには、教材電子化の充実化が重要であることは間違いないです。その中で、電子教材を準備しておけば、今までの授業とは違った効率化をだすことができるのです。

もちろん、電子教材の良さは、いままでの従来の教材よりさらなる右脳にうったえる情報量によります。

人体の解剖図や、3Dデータと連携して、立体的にモノごとを把握できたりと効率化と共に授業の内容が深くなるのがポイントです。

さらには、通信機能もふまえているので、遠隔地に設置されたWEBカメラと連携させることで、画像を確認することができることもポイントです。

一旦つくった電子黒板用の教材は、教師間での共有も可能になります。いままで自分の教材用のノートを一人で見ているのとは違い、皆で共有できることはさらなる共有することができるのです。

電子黒板での効率化とは

従来の授業スタイルに目を移していきましょう。

本来、先生は、教壇に立ち、自分が用意してきた教科書のポイントを黒板に書いていくのが通常の授業スタイルです。もちろん、授業の内容のポイントをかいていくことをわかりやすく書くことが重要になってきます

先生方の板書自体に下記写しミスがおきることがあるわけです。さらには、生徒もその描写をノートに写す必要があり、単に先生の黒板の文字を写すという授業がマンネリ化してしまうと授業自体に意味を失いかねません。

よって、授業は、書くことよりも、考えることに主体をおいた授業にすべきなのです。電子黒板へ置き換えることのメリットは、そういった単純作業の授業から、考える、熟慮するのに時間をさく授業へ改革する可能性をもっているといえるでしょう。

電子黒板を使いこなすコツ

電子黒板でのコツを考えていきましょう。6割近い電子黒板が、十分に活用されていないNHKニュースにもあるように、今後の活用度を深めていくにためには、業者側の対応もポイントになります。

たんに売り切りというスタイルではなく、授業にどのように活用していくのか、フォローをしていくことがこの電子黒板販売時には必要なポイントになってきます。

購入者が非常にアイデアにあふれ、それの良さを引き出しているケースもありますが、重要なことはあくまでも”コンテンツ”であったり、活用する”ソフト・アプリケーション・ソリューション”であることは間違いないことです。

タブレット連携を考えよう

ipad向け、あるいは、android向けに豊富なプリケーションが開発されている。そういった便利なソフトと電子黒板の連携は当然かんがえることが、授業の効率化になる。

Dropboxといった共有ドライブと連動させることで、授業の紙の配布や回収がスムーズになることは授業効率化の目にみえるものである。それ以外にも、授業の無駄をはぶいていくことが、電子黒板のメリットであり、効率化のコツだといえるでしょう。