電子黒板を準備するのって大変?

シェアする

電子黒板を授業に活用するとメリットがたくさんあると言われていますが、なんだか準備が大変そうなイメージはありませんか?デジタル機器になるので準備の時間がかかって、授業時間が削られるのでは?と心配の声も上がっています。

しかし実際は、専用の教室を作ることでかなりの時間を削減できるでしょう。授業ごとに電子黒板をセッティングすると手間がかかってしまうのですが、専用の教室を作ったり、貸し出す期間を長めにしたり、子供たちに、セッティングの準備をさせたりすることで先生の負担を軽減することができますし、授業が始まる前にはきちんと用意できている形になるでしょう。普段の授業中でも、活用できる環境を作り出すことで、ICT活用が身近なものになるでしょう。セッティングに関しては子供でもできるような簡易なものになります。電子黒板を活用した授業デザインを考える方が先生にとっては負担かもしれませんね。授業に関しては、他の学校の活用モデルなどを参考にして、授業に取り入れていくとスムーズだと言われています。

LED電子黒板は、テレビ型であるため、テレビと同じ感覚で、電源を入れればすぐに電子黒板としての授業を開始できます。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク