電子黒板は今までの授業スタイルに上手く取り込むようにすればよい

シェアする

教育現場では何十年もの間、黒板が使われてきました。またプロジェクターなどの使用はありましたが、電子黒板の普及はここ数年で始まったばかりなのです。電子黒板が学校に導入されて、学習の環境が変化すると、生徒たちも始めは戸惑うかもしれません。しかし子供たちは新しいものへの適応力に優れていますので、先生たち大人よりもすぐに電子黒板を使った授業に慣れていくでしょう。

授業への目標を掲げる

授業への目標を掲げることによって、授業内容は充実していきますし、教材をしっかりと効率よく使用することができるでしょう。また電子黒板が導入されたからといって、今までの授業の内容やスタイルを変える必要は全くないのです。今までの授業の中に、上手く取り入れていくことで、より効率的に授業を進めていくことができるでしょう。

電子黒板の使用方法

電子黒板の使用方法はとても簡単で、電子黒板とパソコンを接続して、起動させればOKです。ペンで操作ができることを確認すれば、準備は万端です。電子黒板では、ただ教科書の内容を映し出す、プロジェクターとは違い、ペンで書きこんだり、拡大したり、保存ができる点が利点であると言われています。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク