シャープBIG PAD「電子黒板」が選ばれる3つの理由

シェアする

海外格安電子黒板ではなく、信頼価格のシャープBIG PAD「電子黒板」が選ばれる3つの理由

PN-L803C-2_R2

Point1. 情報の集約、共有が容易に

多くの情報が「電子黒板BIG PAD」を通じて集約、共有が可能となります。従来はホワイトボードに書き込んで、スキャンしてPDF共有などをしていました。しかし、電子黒板なら即、電子化できること。さらに、データを編集することも可能です。ディスプレイは、情報の入り口でもあり出口になります。一気にデータ管理が進みます。

電子黒板の最大の特徴とは何か?授業の集中力を高めること

Point2. タブレットと電子黒板が連携

タブレット連携

タブレットを一人1台を持ち歩く時代となりました。お客様と商談をするとき、いちいち紙を配布していてはコストもかかります。ipadでクラウド上のデータを表示し、電子黒板で共有する。タブレットと電子黒板が連携すれば、データのセキュリティにも役立つのです。(→タブレット端末を使用した授業のメリット、デメリット

会議で、ペーパーレスが進まないのも、トップダウンの決意が重要です。トナー代の経費も高額ですので、一気にペーパーレス会議を進めるチャンスです。

Point3.誰でも使える・すぐ使える・どこでも使える

電源を入れるとすぐに電子黒板として使用できます。難しいソフトを覚える必要もなく、誰でも使用できるのが、電子黒板「Big Pad」の良さです。

電子黒板の機能が一杯スギル!→必要な機能だけを選んで搭載できる

シャープの電子黒板は、世界中に販売、使用されております。誰もがすぐに使えるということを最大に重要視し、ユーザー視点で、現場の先生方が喜んですぐに使っていただけるように徹底的に研究された電子黒板です。機能主義から、現場主義へ。これがシャープの電子黒板の特徴だといえるでしょう。

多拠点を電子黒板で結び、遠隔会議を行うことも可能です。

Aシリーズ Bシリーズ
ホワイトボード機能 内蔵
タッチディスプレイリンク2.0
モバイル端末
最大同時接続台数
20台(内蔵)/50台※1
(付属CD-ROM)
5台(付属CD-ROM)/50台※1
(オプション追加時)
タッチペン 機能ボタンあり 機能ボタンなし
タッチ方式 マルチ対応赤外線遮断検出方式 マルチ対応赤外線遮断検出方式
タッチ検出数/ユーザー数 10点/最大4人同時書き 10点/最大4人同時書き

BIGPAD(=ビッグパッド シャープの大画面タッチディスプレイ)なら、プロジェクター使用時のように、部屋の明るさや、投影距離を調整する必要がありません。
また、あの熱風や騒音にも悩まされず、会議や授業に集中できるのです。

さらに、忘れてはいけないのが、シャープの保守サポート。全国で受けられる安心3年サポートは、海外の格安電子黒板にない、日本国内メーカーの強みです。

長く使うものですから、アフターサービス重視でシャープの電子黒板を選ばれる方が多いのです。

長期間品質を保証された電子黒板は、シャープの電子黒板がお勧めです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする