千葉の幕張メッセで2014年10月7~11日まで開催された、最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」。
エファタ株式会社の大型ディスプレイが、”株式会社タグキャスト様”のブース(2L37)にて活用されました。
その時の様子をお伝えします。

Interactive Relation(アトラクションシステム)の展示では、多くの来場者が、84インチ大型ディスプレイの動画を通して、タグキャスト様の最新技術を体験することができました。

タグキャスト様が開発されたビーコンが、画面中央にあり、センサーのついた「マジカルステッキ」をかざすことでステッキが光り、
その位置によって画面に”動き”が生じるユニークな展示でした。
※ディスプレイ右下には、”Powered by Effata Inc.”と、掲示していただきました。

なお、タグキャスト様は、この展示会にて、「CEATEC AWARD 2014 ソーシャル・イノベーション部門 グランプリ」を受賞されています。

高画質で大型のディスプレイは、最新技術を紹介・アピールする力があり、展示会場でもその魅力から自然と人が集まってくると感じました。
当然展示されている技術を明確に伝えることができ、お客様の反応は非常に良いものに感じました。

協力:株式会社タグキャスト様(http://tagcast.jp/