頭脳も明晰、会話も流暢、身体能力は高いにも関わらず、読み書きが苦手な子供たちがいます。

失読症とか、ディスレクシアと呼ばれ、読み書きの能力に著しい困難を持つ症状として現れる学習障害の一つです。

トムクルーズやキアヌ・リーブス、スピルバーグもディスレクシアであると自ら告白したことで有名ですが、彼らそういった障害にも負けずに乗り越え、子供たちや人類に希望を与える立派な仕事を今もしているということです。

ディスレクシアの子供たちは、本の文字の見え方が人と異なるということがあり、漢字や文字がスムーズに入ってきません。よって、その障害に理解がないと、怠けているという言葉でかたずけられ、子供時代に多くの傷を心にうけてしまうことが一番の問題なのです。学習障害は克服はできるものの、重要なことは、幼少時代に心に大きな傷を持たないことであるといえるでしょう。

テクノロジーを活用すること

現代は、読み書きができなくてもテクノロジーで補完できる時代。音声検索も可能であるし、読み上げソフトも誕生してきている。こういったiPadやソフトウェア技術を使って学習障害を乗り越えていく視点は今後も重要であると考えられます。

http://www.dyslexia-koeda.jp/

にあるように、iPad向けアプリケーションを開発して学習を効果的に進めるものもでています。読めない文字をすぐに音声に変換する。また自分の言葉をすぐに文字に変換する。こういったことはiPadが得意な分野であるといえるでしょう。

電子黒板とiPad連携で更なる学習効果が得られる

また、電子黒板も重要なツールの一つであるといえるでしょう。電子黒板は、あらゆるデジタルコンテンツと連動するため、音声、ソフトウェアとの連携により、高度な学習が加速できる効果があります。

iPadを電子黒板に写しだして、皆で議論するという、コミュニケーションの場を創造することで、iPadだけの個別学習と全体学習を切り替えできることが可能となります。

テクノロジーを活用させて、より子供たちの能力を最大限に引き出す、伸ばす。今後の教育ICTに求められる分野は非常に拡大しているといえるでしょう。

【参考】電子黒板とタブレット連携(iPad,iPhone,Android)の活用術