電子黒板やデジタル教科書を教育現場に導入すると、ただ板書する黒板に比べて音声や映像での情報を共有することができるので、生徒の集中力を高めて、やる気を持たせることができるでしょう。また繰り返して勉強することができるので、復習にも便利で、生徒自信からの積極的な発言も期待することができます。また従来の紙の教科書をデジタル化することで、写真や画像、表やグラフなどを細部まで拡大することができるので、細かいところまで確かめることができるでしょう。また英語の授業では、ネイティブスピーカーが読み上げている英文を聞きながら勉強することもできるので、非常に便利がよいでしょう。さらにデジタル教科書、電子黒板だけでなく、生徒1人1人に配布するタブレット端末を一緒に使用することで、さらに授業内容は幅広くなるでしょう。例えばタブレット端末に生徒がノート代わりに書いた内容を、電子黒板にすぐに表示することもできるのです。情報の共有がスピーディーに行えるのは本当に便利ですね。