日本だけではなく、世界中で教育のICT化は進んでいると言われています。隣の韓国でも義務教育への電子黒板の導入は日本よりも進んでおり、日本は国際社会に生き残るためにもこれからますます電子黒板などICT化を進めていく必要があるでしょう。

子供たちが大きくなった時に、世界で活躍する人材を作るためには、広い視野を持った人材を育成していく必要があります。そのためには小さいころから電子黒板などのICT機器に触れさせておくことは重要であると言われています。

教育現場では、電子黒板を導入する前は、反対の声も大きく、どうなるか心配されていましたが、徐々に導入されていき、その便利さと、子供たちから非常に好評なので、導入に踏み切る教育機関も非常に多いです。また小学校や中学校だけにとどまらず、高等学校や大学、塾などでも電子黒板が活用されているのです。電子黒板には様々な種類がありますが、まずはシンプルに使いこなせるものがよいでしょう。基本の操作をマスターできれば様々な分野に応用可能です