小学校、中学校への電子黒板の導入が始まっていますが、まだまだ普及されていない地域も数多くあります。初めて電子黒板が導入されることになった学校ではとまどってしまうケースが多いでしょう。どのような授業で行えばよいか、どうやって活用するのか、授業デザインが思いつかないなどといった先生の不安も聞かれています。初めて電子黒板を授業に活用する時には、書き込み機能から使うのがよいでしょう。デジタル教科書を電子黒板上に写しだし、図や表、写真など、大きくみせたいものを拡大して、ペンでマークするだけです。操作方法は簡単ですし、説明している部分が明確にわかるので、生徒の授業への理解度も高まります。また先生だけが電子黒板の操作をするのではなく、生徒たちにも積極的に使わせるようにするとよいでしょう。一緒に使い方を実践していくことで授業へ活用しやすくなるのです。特に電子黒板を活用した教科として、算数や社会、理科などの教科が多いです。グラフや表、実験動画などを見せることができるのでおすすめです。