教育現場でのタブレットや電子黒板の導入は、今や当たり前の状況になってきています。日本政府としても2020年までに全国の義務教育期間に1部屋に1台の電子黒板、1人につき1台のタブレット端末を普及できるようにすすめていこうという話の流れになっています。

義務教育現場でのタブレットや電子黒板などのICT機器の導入は賛否両論ありますが、期待できる声の方が多いように思います。電子黒板を使用することによってわかりやすい授業が期待できたり、生徒の関心を引くような授業内容になったり、効率のよい授業を行えたりする可能性があると、ポジティブに考える意見もあれば、実現は難しい、コスト的に問題があるといったネガティブな意見も少なからずあります。

しかし実際に、ICT機器が導入されている学校に置いては、生徒のウケもよく、通常の授業に比べて、生徒の関心度が高く、集中力が上がっているというアンケート結果も出ています。また授業の準備が短縮されるので、先生への負担も軽減するでしょう。